BlurBlue

霞んだ空でも蒼くみえる
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカルミックス@ディエッサー、EQ、コンプレッサー編

久々にながーい内容になりました。

マニアック回でございます。今回は音の処理やミックスに関して。
細かすぎず、大雑把すぎずの内容なので、あしからず。(ようは中途半端←)
途中で気づいたことは追記したり消したりしますが、あしからず。

おあよう!

 制作中の楽曲がミックスの段階に入ってきたので、頭の中を整理させるつもりでプラグインの特徴やボーカルミックスの上で大事な音処理の方法について、自分のメモ用に自分目線で書き留めておこうと思います。それが正しいかどうかわかりません。自力で調べたり試してみたり、まだまだ手探りな感じなので。

ボーカルミックス@リバーブ編
ボーカルミックス@ディレイ編
ボーカルミックス@ハモリパート編

 うまく説明できないのがミックス。正解がないのがミックス。けど、簡単な仕組みを知っておくだけで自分なりの方法が見つかりやすい。それだけでもいろんな応用が利くと思います(*´ー`)ということで早速…

はじめに
 “僕の場合”はまずインサートでEQ、コンプ(様子をみてディエッサー)を、センド/リターンでリバーブとディレイをとりあえずぶっこむ。とにかくぶっこむ。

 ピッチ補正する場合は専用のプラグイン(melodyne愛用中)を1番目にインサート。続いて、ディエッサー、EQ、コンプの順。(EQ,コンプは逆順にしたり、ディエッサーが最後だったり、コンプをあえて2種類差し込んだりも場合によってはしますが…割愛)差込が一通り完了したら、曲調や声質などを見て、それらをかな~りてきとーにかるーく調整。
 ◎補足:オケとのバランスも調整しながら決めていくといいかもー。

 いったんすべてのプラグインをオフってオケと合わせて聴いたときに特別気になる部分があればオートメーションで音量を描いて調整するよ。ここでやりすぎるとEQやコンプを元に戻すと違和感でてきちゃうので、気になるところ(ブレス音変に力んでしまったところ聴きづらいところ等)くらいをちょこちょこっと。(必要な場合はここで同時にピッチ補正もしちゃうよ!)

≪ピッチ補正について≫
※ピッチ補正はあくまでも補正。賛否両論あると思いますが、歌い手さんと相談しましょう。
※補正しすぎるとご本人の歌じゃなくなってしまう場合があるので注意。
※ケロケロさせる場合の補正は…また後日ってことでw

 インサートしたプラグインを再びオオォォォン!!したら、全体のバランスを考えながらそれぞれをいじり始めるよー。まずは、原音に直接的な変化を与えるプラグインたちから。

ディエッサー
 歯擦音(しさつおん)を削るよ。歯擦音というのは、「さしすせそ、ざじずぜぞ」とかの歯を使って発音する音のこと。空気が鋭く飛ぶので、マイクで拾うと大きなノイズになったりするよ。これはほっとくとコンプレッサーで持ち上げたときに耳につくことがあるから、ディエッサーで削るよ。ディエッサーは4kHz~8kHzの間で設定されることが多いかな。設定Hz間の音量が一定基準を超えると音量を下げてくれる優れもの。必須ではないので、歌を聴いて使用するか判断しましょう。ディエッサーが無い場合はEQでも多少は処理できるけど、ちょっと厄介かな。

イコライザー(EQ)
 周波数毎のdBをいじれるよ。オケによって強調される音域が何もしないとボーカルが周りの音に埋もれちゃう!低音がこもってる!高音がきっついなあ…なんてときにEQを調整することでボーカルをオケに馴染ませながら強調させることができちゃったりするよ。音域によって特徴があるから知っておくと便利。

 ○高音域[4kHz以上]
  ⇒キラキラ!イキイキ!を調整。しすぎ注意!耳が痛くなるよ!
 ○中音域[1.2kHz~2.2kHz]
  ⇒ボーカルの重要部分!ボーカルを前に出したいときはこの辺をブースト。
  ⇒ラジオボイスにしたいときはこの音域以外をバッサリ削るとそれっぽくなるよ。
 ○中低域[400Hz~600Hz]
  ⇒声がナヨナヨしてたり力不足だと感じたらこの辺をブースト。
 ○低域[120Hz〜200Hz]
  ⇒こもってたりもモワモワしてたらこの辺をカットしよう。
  ⇒スカスカだったらちょいとブースト。
 ○最低域[80Hz以下]
  ⇒ボーカルにはあんまり必要ないかな。基本はカットで。

 変化を見つけるためにあえて極端なブーストやカットをしてみるのもあり。しかし、2dB程度で結構違いが出てくるので、何事もしすぎには注意。それから、使用マイクによって特徴が全然違うので、耳を頼りにいろいろ試してみよう。また、歌ってみた系はオケがすでに出来上がってるので、ボーカルだけで処理しきれないときはオケ側にEQをインサートして調整してみると上手くいくことも!

コンプレッサー
 すんばらしいテイクが録れたのにやけに音量バランスがバラバラ。サビは盛り上がって音量マーックス!2番もマーックス!あれ、2番でかすぎやん・・・全体の音量差がやべぇ…なんてときや、録ってるときはよかったのに、オケに負けちゃって聴こえない箇所が後から見つかったりすることがあります。そんなときにコンプをかけてあげると音量差を小さくできるわけです。(音量差が極端な場合はうまくコンプがかからないので、最初に書いたように、あらかじめオートメーション等で音量を細かく調整しておくいい感じにコンプが活きるよ。もっと言えば、ある程度はレコーディングの時に気を付けておけばオッケィ☆なんだけどね!)大きいところを抑えて小さいところを持ち上げてくれるコンプレッサー。これは必須!しかし、かけすぎると音がつぶれて歪んでしまったり、言葉の発音が聞き取れなくなってしまったり、せっかくの抑揚が消えちゃったり…。コンプレッサーは音の“研磨剤”のようなものなので、調整は丁寧に。(場面によってコンプのパラメータをオートメーションで変化させるテクニックもあるよ!)

EQやコンプはボーカル以外でもめちゃくちゃ使うからね。
仕組みや使い方はしっかり理解しておこう!
細かいパラメーターのいじり方は機会があれば書こうかなーっと。


次回は曲の雰囲気を決める空間系のエフェクト、
リバーブディレイについて。

そこまでは頑張って書くよ書くから。
(今後シリーズ化できたらしたいけど、気力の問題やなこれw)

またね。


おあ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://oa25.blog.fc2.com/tb.php/29-97abf232
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。