BlurBlue

霞んだ空でも蒼くみえる
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカルミックス@ディレイ編

やっほー!やっほー!やっほー!

大好評!ではないマニアック回のお時間でございます。
今日はディレイについてー。

おあよう

 制作中の楽曲がミックスの段階に入ってきたので、頭の中を整理させるつもりでプラグインの特徴やボーカルミックスの上で大事な音処理の方法について、自分のメモ用に自分目線で書き留めておこうと思います。その3
(質問等あれば、Twitterでもメールでもいつでもどうぞー♪)

ボーカルミックス@ディエッサー、EQ、コンプレッサー編
ボーカルミックス@リバーブ編
ボーカルミックス@ハモリパート編
※ほぼ自分用に書いてます、これ。

ボーカルミックス第3回目のコーナーは、ディレイさんのご登場です!


ディレイ
 ディレイ(delay)とは、直訳すると遅らせる、遅延という意味。ミックスやDAW関連で耳にするディレイも、元の音を遅らせたり、繰り返し反復させたい時に使われています。いろんな使い方ができるのでディレイさんはほんと面白いよ。リバーブと一緒に使う時は、ディレイ→リバーブの順番のほうが多いかな。それから、リバーブ編で書いたように、ディレイさんも空間系のエフェクトなので、センド/リターンに設定することを忘れないようにね!
 さて、プラグインを見るとなにやらいろいろつまみやらフェーダーやらついてますね。一般的にはディレイタイム(delay time)の設定で何秒後に発生させるか、Dry/Wet(mix)でエフェクト部分の混ざり具合、Feedback Levelでフィードバックの割合を調整できるよ。Sync(同期)を使えば、DAWで設定したBPMと同期させて8分音符4分音符などのディレイを発生させることができる、いわゆるテンポディレイをつくることができます。後はフィルター(filter)でLoやHiのHzを決めてディレイさせる設定もあるかも。マルチディレイというものもあって、何種類ものディレイを1つのプラグインで同時に設定できます。panの設定をすれば、右から左からヤマビコってくるよ!なんてこともできちゃうよ。自分の使いやすいもの、目的に合ったものを選びましょう!ディレイはそれぞれの設定によってかなりエフェクトが変わってくるので、使いたい場面に応じて、上手に調整しよう!僕の場合、ボーカルミックスでディレイを使いたいなと思う時は

ダブリングをさせたいとき(ショートディレイ)
・ボーカルの輪郭を強調したいとき(ミディアムディレイ)
・反復して繰り返したい箇所が有るとき(フィルター的な使用)

などです。結構頻繁に使ってます。後は楽器にもよく使います。ギターとか。

●ボーカルに厚みを与える“ダブリング”という表現方法があります。このダブリングは2本以上同じテイクを録って重ねてミックスするのが一般的ですが、ショートディレイ[ディレイタイム:10msec前後,feedbackなし]で時間軸をほんの少しずらしてあげることで簡単なダブリングができます。パンを若干左右にふってあげるとオケと馴染むかも。(その他、ピッチシフトを使って音程をずらしてダブらせる方法もあるのでございやす。もっと言えば「コーラス」というエフェクトもあって、時間と音程を調整できます。※WavesにはDoublerUltraPitchというプラグインがあります。よく使ってます。)

●“ボーカルの輪郭を強調”したいときにはミディアムディレイ[ディレイタイム:200msec~450msec]で調整すると、音の発生部分に重なり、音を太くすることができるのです。feedbackは曲によってつまみをいじってみよう。それから、リバーブ同様、mixフェーダーをWet寄りにしてしまうと元の音がなくるので、薄っすらかけるのがポイント。Syncで八分音符や四分音符の遅延をさせて曲のテンポに沿ったディレイをかけるとバッチリきまるかもしれないよ!(ちなみにBPM=120の曲でSync1/8[八分音符]で設定すると250msecのディレイタイムになるぞ!)

●“反復して繰り返したい(ヤマビコ)”場合は歌のアレンジにも関わってくるので、その辺は歌い手さんと相談が必要ですが、例えば本家がディレイっぽいものを使用してる場合はそれに似せて使うことがあります。ただ、ヤマビコをはっきりと聞かせたい(メインと同じくらいの音量)ときは、繰り返したいところを別トラックにコピペして編集するほうが早くて簡単ですね。

 どんな曲かにもよりますが、常にディレイをかける必要はそこまでないと思います。ゆったりとロングディレイがマッチするかもしれないし、全くないほうがいい場合もあるし。強調したい部分や、残響を残したいところだけにディレイをかけてあげることで印象をつける時に使ったほうがいいのかも。僕の場合はボーカルトラックを切貼りして、ディレイをかける部分だけ別トラックに集めたり。オートメーションでもできるけど、このほうがやりやすいかな。
 

 今回もたっぷり書いちゃったけど、前回のリバーブ、そして今回のディレイといった空間系のエフェクト類は遠近感を表現することができるのです。リバーブの「奥行き感」に対して、ディレイは「広がり感」といったイメージ。ミックスの上で空間をどう表現するかで鳴り方がぜんぜん違ってくるので、自分の好みのパターンや処理を探っていくと面白いかも。ディレイはあまりボーカルでは使われないイメージかもしれませんが、案外多用されてます。リバーブと一緒に使う時はかけすぎに注意!モコモコモワモワしちゃって輪郭が消えちゃうので。とにかく空間系の処理は丁寧に♪
 空間を自分のものにしちゃえばもっともっと素敵なミックスができる!はず!まだまだ僕にも知らない使い方があるし、空間系は本当に奥が深いですね。そのためにはいっぱいいじって感覚をつかむこと。自分に言い聞かせてがんばります!

 さて、次回があるのとかという点ですが、自分自身に大好評なので勝手にやります許して。

さらにボーカル関連に焦点を当てて…
次回はボーカルの引立て役「ハモリ(コーラス)」の処理とミックスについて


またね。


おあ



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://oa25.blog.fc2.com/tb.php/31-cae95015
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。